Eテレ『NHK短歌』で須田剋太が並ぶ

(2013.10/20)
2013.10.20に放送されたEテレ『NHK短歌』では、選者は永田和宏さんで、ゲストが通崎睦美さんだった。たまたまこういう組み合わせになったのだろうけれど、このTOPICSに前に記したように、ふたりとも個人史的に須田剋太と縁が深い。(→続きを読む)

永田和宏さんは、妻も歌人で、出会いから妻が先立つまでの40年間のたがいの恋歌を編集した『たとへば君−四十年の恋歌』(河野裕子・永田和宏 文藝春秋 2011)という著作がある。そのふたりの出会いに須田剋太の絵が関わっている。
「私の所属しはじめた「塔」という結社誌を見せたら、彼女はその表紙にとても興味を示した。須田剋太画伯によるドクダミの表紙だった。」
妻になった人は、その出会いのときをこう詠んでいる。
<七月のとある日なりき君に会ひどくだみの表紙の歌誌をもらひき>
http://www.kokuta.com/20-topics/02-dokudamii.html

通崎睦美さんは、3歳頃から14歳頃まで、毎年正月に晴れ着を着て須田剋太に描いてもらった連作肖像画を持っていらして、そのことは『通崎好み』(淡交社 2004)に書かれている。
http://www.kokuta.com/20-topics/04-tsuzaki-san.html


Eテレの画面では、こんなふうに須田剋太に縁のある人どうしが、須田剋太とは全然関係のない文脈で短歌の話をしていた。不思議な感じだった。

NHK短歌 http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/
通崎好み製作所 http://tsuuzakimutsumi.com/l
(通崎睦美さんのブログ)
塔短歌会 http://www.toutankakai.com/index.php
(永田和宏さん主宰)