比叡山越え〜近江牛への長い道


2012年の秋、埼玉県鴻巣市で須田剋太展を開催した。
展示したのは司馬遼太郎著『街道をゆく』の挿絵原画で、会期が終わってから、借りた作品を大阪の江之子島文化芸術創造センターに返却した。
そのあと京都に回り、比叡山を西から東に越えて、滋賀県の琵琶湖岸に降りた。
この行程は『街道をゆく』の「16 叡山の諸道」1981に重なる。

第1日 比叡山の西(賀茂川・高野川 赤山神社)  
第2日 比叡山(曼殊院 京都造形芸術大学 延暦寺) 
第3日 比叡山の東(無動寺谷 慈眼堂 日吉大社 三橋節子美術館)

.
第1日 比叡山の西(賀茂川・高野川 赤山神社)

* 大阪から京都へは、京阪本線の特急に乗った。
出町柳まで1時間ほど。
午後早い時間の特急は、すいていて快適だった。


■ 合流点ウォッチング 賀茂川・高野川

出町柳の地下駅から外に上がると、賀茂川と高野川の合流点がすぐ前にある。
あいだに糺の森を挟んでいる。
合流点の先端で腰かけて流れを眺めている人がいるし、岸辺の柳の木の下で流れを眺めている人もいる。
眺めのひらけた、のどかでいい合流点だ。
賀茂川と高野川の合流点

* 出町柳で叡山電鉄に乗り換える。
2両編成で、座席の一部が外に向いたソファになった観光仕様の車両だった。
ワンマン運転で、途中駅ではいちばん前のドアきりあかない。


■ 赤山神社

修学院駅で降りて赤山神社に向かう。

須田剋太「赤山神社入り口の大鳥居」 赤山神社入り口の大鳥居
須田剋太「赤山神社入り口の大鳥居」


須田剋太「赤山禅院」 赤山禅院
須田剋太「赤山禅院」

日暮れ時に着いて、あちこちの灯りが目立ちはじめている。

須田剋太「赤山禅院の屋根の猿」 赤山禅院の屋根
須田剋太「赤山禅院の屋根の猿」

本堂の屋根上、中央に猿の像があり、金網をかぶせてある。
このあたりから比叡山に上がる道があるらしいのだが、案内の小屋にいる人に尋ねると「ここから上は宮内庁の管轄だから、うかつに入らないほうがよい」という。

細くて、まっすぐでない道が入り組んでいる。今夜の宿に向かう途中で、武田薬品工業京都植物園の前を通りかかった。
門から中をのぞくと、味のある洋館が建っている。研究所かゲストハウスだろうか。(下右)
この脇の道を須田剋太が描いている。(下左)

須田剋太「武田薬品農園附近」 武田薬品工業京都植物園
須田剋太「武田薬品農園附近」

● 関西セミナーハウス・修学院きらら山荘
京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町23 tel. 075-711-2115

今夜の宿は、比叡につづく高台、曼殊院の隣の静かなところにある。木々に囲まれているが、わずかな隙間から京のまちの家々の灯りが見おろせる。
キリスト教系の研修施設で、ゆったりできている。
食堂での夕飯にいたのは、日本語を話すペアと、韓国語を話すペアと、僕の、5人だけ。セミナーハウスらしく、食事のあとの食器を自分で運ぶ。
宿泊者が少ないので大浴場を用意しない替わりに、広いデラックスツインの部屋に案内された。

みごとな庭園や茶室もある。 関西セミナーハウス・修学院きらら山荘

ページ先頭へ▲
.
第2日 比叡山(曼殊院 京都造形芸術大学 延暦寺) 

* 前日の移動時間によっては朝早く出ることになるかもしれないと考えて朝食を予約してなかった。ところが関西セミナーハウス周辺には食べる店もないし、コンビニもない。ところが着いてからでは朝食の予約はできないとのことなので、売店でカップのきつねうどんを買って朝食にした。

セミナーハウスを出て曼殊院に向かう。外に出るとすぐ須田剋太が描いたのとそっくりの道が現れた。(石垣の左にセミナーハウスがある)。

須田剋太「曼殊院への道」 曼殊院への道
須田剋太「曼殊院への道」

■ 曼殊院
左京区一乗寺町竹ノ内町42 tel. 075-781-5010

もとは8世紀にはじまるが、修学院離宮に近い現在地には江戸期に移った。建築様式は桂離宮に近いという。
内部は観光用にきれいに整備されていて、せっかくの建築が展示の背景になっている感じがする。
『街道をゆく』で司馬遼太郎はガラスの茶器を見せてもらい、指ではじいて音を確かめたことが書かれている。親切な展示はありがたいことで、その茶器も見ることができた。
8つの窓がある茶室は予約制、別料金1000円で、特別に案内の僧がつき、説明をきいた。

須田剋太「曼殊院庭」 曼殊院の庭
須田剋太「曼殊院庭」

■ 京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
京都市左京区北白川瓜生山2-116 tel. 075-791-9122
http://www.kyoto-art.ac.jp/info/

叡山電鉄茶山駅に向かって歩いていくと、京都造形芸術大学がある。
学園長・細川護熙、学長・千住博、大学院長・浅田彰、副学長・秋元康という世間に名の通ったオールスターのような布陣の大学が、隈研吾さんの設計による至誠館という新校舎を加えたのを見に寄った。
別の校舎のロビーに内藤廣さんの作品『18800 pieces 2012.6.13』が展示してあったのに強い印象を受けた。
1年前に、3.11の大震災の死者と行方不明者の「数字を実感として体の中に刻み込んでおきたい」として、当時の死者・行方不明者の数の点を打ったという。3日3晩かかったという誠実さに打たれる。(僕には肉体的にも精神的にもつらすぎてとてもできないと思う)。

1年後に、その時点の数をガラスのピースで表現したものが展示され、作者の思いも掲げられていた。
「展示されるものがせめて美しくあってほしいと願いたい。美しさは理解することの入口に居るからだ。」
内藤廣さんの作品『18800 pieces 2012.6.13』

* 叡山電鉄の茶山駅に向かう途中、セブンイレブンを見かけたが素通りしてしまった。(あとで後悔した)。
電車が八瀬比叡山口駅に向かうと、どんどん山中になっていく。

自販機のカップヌードル 駅周辺は、いかにも観光客向けのうどんとそば屋さんくらい。
財布と時間を消費しそうなわりにおなかが満たなそうなので、いっそこれでと自販機のカップヌードルをベンチで食べた。

ケーブルカーとロープウェイで比叡山頂駅に上がり、山内をめぐるシャトルバスで横川に着いた。


■ 延暦寺横川地域

横川(よかわ)で須田剋太は路傍の石仏と根本如法塔を描いている。

須田剋太「横川道上の石仏」 横川(よかわ)の石仏
須田剋太「横川道上の石仏」

須田剋太「横川如法塔」

須田剋太「横川如法塔」
横川如法塔

奥まったところに元三大師堂(四季講堂)がある。
舗石の正面に四季講堂があり、左右に付属的建物があるが、剋太は右の建物を描いている。
「鶏足院潅室」とあり、儀式的なことが行われるところらしい。
白い壁に、柱が水平と垂直の線を刻み、唐破風が曲線でアクセントをつけた建築で、須田剋太にはこちらのほうが正面の堂よりおもしろかったのだろう。

須田剋太「横川にて」 鶏足院潅室
須田剋太「横川にて」

● 延暦寺会館
tel. 077-578-0047
延暦寺一帯では唯一の宿泊施設。1万円台後半で、僕にしては高額な宿になる。朝、昼とカップめんだったので、ごちそうを期待したが、宿坊のことだから精進料理だった。

延暦寺会館の夕食 刺身だの牛や豚の肉だのはない。野菜のほかには蛋白質としては豆腐や湯葉ていど。
ひとめ見たとき、今日1日ここまでの食事を思い出して一瞬がっかりしたのだが、食べていると十分に満足した。食材の組み合わせと味つけがみごと。

ひたすら寂しい思いになっても無理はないような状況で満ち足りさせる料理にほとんど感動した。

■ 根本中堂

夕食が終わったあと延暦寺山内を散歩した。
散在する寺や塔がライトアップされている。
延暦寺根本中堂の夜景

根本中堂は秋の夜間特別拝観で堂内に入れるのだが、ほとんど外国人ばかり。坐って瞑想している姿がさまになる。食事の席に大勢いた日本人団体客は風呂にでも入っているか。

根本中堂の構成はおもしろい。こちらに参拝する者がいて、向こうの同じ高さに本尊が祀ってある。その間は低い谷間になっていて、そこで僧が読経する。仏と人が向かい合い、それを結ぶのが僧という考え方によるという。

ページ先頭へ▲
.
第3日 比叡山の東(無動寺谷 慈眼堂 日吉大社 三橋節子美術館) 

延暦寺会館の朝食 朝食もとうぜんに精進料理。玉子さえない。それでも満ち足りた気分にさせてくれるのは夕べと同じ。たいしたものだと思った。

■ 無動寺谷

ケーブル延暦寺駅の脇から、無動寺に細い道を下った。

須田剋太「無動寺入口」 無動寺への道
須田剋太「無動寺入口」

『街道をゆく』では、司馬遼太郎一行は講堂で行われる法華大会を見るために無動寺谷に降りたことが書かれている。
その場所を訪ねるつもりで無動寺谷への急坂を下るとまず明王堂があって、掃除する人がいらした。
講堂の場所を尋ねると、講堂は根本中堂の隣にあるものがそうだとのこと。
僕は勘違いしていた。大きな講堂がこんな狭い谷にあるはずがない。
司馬一行は、案内する人があって、法華大会を見るまでの待ち時間のうちに無動寺の堂を訪ねたのだった。

須田剋太「法華大会」 延暦寺講堂
須田剋太「法華大会」

明王堂では、庭もきれいに掃かれていた。稲妻形にみごとに箒の掃き目が残っていて、ここを歩いてしまっていいだろうかとためらわれるほど。
さらに下ると急な崖に立つ建物がある。石垣を組み、長い木が建物を支えている。

須田剋太「無動寺谷」

須田剋太「無動寺谷」
無動寺谷

崖に迫り出した部屋から見おろしたら琵琶湖方面の絶景が眺められるだろう。司馬一行は無動寺で煎茶のもてなしを受けるのだが、ここだったかもしれない。

須田剋太「無動寺谷」 無動寺谷
須田剋太「無動寺谷」

底近くにある玉照院に向かったとあるのが、須田剋太が描いたこの絵のことだろう。

* 坂を上がって、ケーブル延暦寺駅に戻る。毎時0分と30分の発車で840円。
駅舎は1927年の開業以来のもので、登録有形文化財に指定されている。淡い黄色と、安定感のあるプロポーションが目に快い。
1階は切符売り場に待合室。壁と天井の縁飾りがおしゃれでいい。
2階は何もないが、かつての貴賓室らしく、優雅にデザインされていた。

ケーブル延暦寺駅の外観 ケーブル延暦寺駅の内部

午前中に降りる客は珍しいようで、ケーブルには運転手さんのほか、乗客は僕ひとりきりだった。豪華に貸切!
途中、紀貫之の墓に行く駅があり、トンネルがあり、谷を越えるスリリングな橋がある。
下のケーブル坂本駅も登録文化財。


ケーブル坂本駅 ケーブル坂本駅の内部

■ 慈眼堂(じげんどう)

数分歩いて慈眼堂へ行った。
織田信長の延暦寺焼き打ちの後、その復興に尽力した天海僧正(慈眼大師)をまつる。延暦寺歴代座主(ざす)の墓や五輪塔もあるという。
石燈籠が2列に並んだ先の堂を眺めただけで、さらっと通り過ぎてしまったのだが、須田剋太はここの様子を描いていた可能性がある。

須田剋太『日吉大社(B)』 「須田剋太『街道をゆく』挿絵原画全作品集」 木村重信/監修 (社)近畿建設協会 2000 に、『日吉大社(B)』というタイトルをつけられた絵があり、五輪塔が描かれている。

このあと日吉大社に行ったが、絵にあるような塔はなかったし、そもそも神社にふつう五輪塔はなさそうなもの。『街道をゆく』の挿絵に須田剋太は描いた場所を記すことが多いが、記してない絵もかなりある。この絵には記してなくて「全作品集」の制作者が誤ったようで、おそらくこれは慈眼堂で描いたものと思われる。

(琵琶湖をめぐった別な機会に再度確かめに行ってみた。
→ [ 琵琶湖から南へ、北へ−「湖西のみち」 ほか ] )

* 慈眼堂から滋賀院門跡あたりの道を歩く。穴太積みといわる石積みの塀が続く。

須田剋太「坂本叡山」 坂本の石垣の道
須田剋太「坂本叡山」

「石垣の町ですね」
 須田画伯が、せまい道の両側の石垣の面(つら)に吸いよせられるようにして蹣跚(まんさん)とあるいてゆく。(『街道をゆく16 叡山の諸道』司馬遼太郎 朝日新聞社 1981)

■ 日吉大社

かなりな起伏のある広い森に神社がある。
神輿の収蔵庫があり、御輿が並んでいる。
平安期にはこんなのをかついで都に押しかけて強訴したわけだ。
2トンほどもあるというから、かついで比叡山から降り、また上がってきた僧の力(あるいは暴力のエネルギー)はたいしたものだ。
御輿は平安期のそのものではないが古くて文化財に指定されている。

須田剋太「日吉大社 日吉の御輿」 日吉大社の御輿
須田剋太「日吉大社 日吉の御輿」

西宮に行くと、4隅を猿が支える形をしたかわった山門がある。 日吉大社 山門を支える猿

ここで須田剋太は前後に建物が並ぶ間の様子を描いている。

須田剋太「日吉大社風景」 日吉大社西宮
須田剋太「日吉大社風景」

ここでは猿の絵も描いた。
博物館の展示物などを模写のように描くことがあるから、これも何か元になる絵があるかもしれない。猿の絵がデザインされたお守りなどを売るところにいた神主さんに尋ねてみた。

日吉大社の猿 神社で作っているものにある猿と、頭に被るもの、手に持つもの、神主のはかまなど、共通する要素はあるが、直接そのまま元になるイメージに心当たりはないといわれる。
須田剋太の遊び心かもしれない。
須田剋太「日吉山山王権現使い猿

橋の絵も描いている。それらしい橋は走井橋なのだが、松の枝ぶりなど、周囲の景色はいくらか変わっている。

須田剋太「日吉大社石橋」 日吉大社の石橋
須田剋太「日吉大社石橋」

● I喜そば店
滋賀県大津市坂本4-11-40 tel. 077-578-0002
http://www.tsurukisoba.com/

坂本で食事どきになり、司馬遼太郎は坂本のそば屋の評判を聞いたことがあることを思い出す。

「I喜でしょう」
 記憶のいい須田画伯がいった。画伯は、風景にしろ地理にしろ、また詩文にしろ、刻印をうちこむように憶えてしまう。このときも電話帳を繰って確かめたほどに安心した。
「いや、私(わっち)は行ったことがあるんです」
 富山ゆきよりもずっと以前に人に連れてきてもらったという。要するに画伯にとって坂本という寺院と社家のまちは曽遊の地であった。
(前掲書)


ところが司馬一行は間違えて近くにある日吉そばに入ってしまう。
その後、別な機会に一行はI喜そばを食べるのだが、僕はまずI喜そば店に入った。

須田剋太「坂本I来そば店」 I喜そば店
須田剋太「坂本I来そば店」

古い構えの店だが、中の若い店員さんたちはきびきびしていて盛んな様子だった。
890円のざるそばを注文する。ちょっと冷たい感じが強いが、おいしかった。
蕎麦湯もいい。

■ 坂本生源寺

最澄の誕生寺という生源寺(しょうげんじ)がすぐ近くにあり、道を横切って入ってみた。庭に形のよい木があり、あとはさっぱりしている。

須田剋太「坂本生源寺」 生源寺
須田剋太「坂本生源寺」

● 日吉そば
滋賀県大津市坂本4-11-38 tel.077-578-0004

司馬一行がI来そばと勘違いして入った日吉そばがどんなところか、生源寺をのぞいただけのわずかな時間をあけただけで入ってみた。こちらの方が日吉神社に通じる表の通りに面している。

やや年配の女性がお茶を運んでくれて、そのあとを孫らしい元気な男の子があとをついていたりする。I来そばがしっかり営業体制が整っている印象なのに比べて、こちらは家族で店を営んでいる親近感がある。

外の構えも立派だし、店内も落ち着いた雰囲気で、I来と間違えるのも無理からぬと思える風格がある。司馬一行もありきたりのそばやなら、店に入ってすぐ(というより入る前に)勘違いに気がついたろう。 日吉そば

立て続けに食べるので、ここでもシンプルにざるそば630円を頼む。
おいしいが、I来が一段上かと思える。蕎麦湯はあきらかにI来そばがうまかった。蕎麦湯にこんなに違いがあるものとは思わなかった。

今日の昼も精進料理のつづきのようになってしまった。

* 坂本駅から京阪電気鉄道石山線に乗った。琵琶湖の西岸を南下する。ぼんやりと暖かい昼下がりに、琵琶湖に沿ったローカル線に揺すられていると気持ちがゆったりしてくる。
でも眠りこけないように気をつけて、三井寺駅で降りた。


■ 琵琶湖疎水取り入れ口(一見、河口ウォッチング)

駅の近くに琵琶湖岸がある。一見すると川が広い水面に流れこむ河口のようだが、実はここから京都・蹴上の南禅寺付近まで水を導く琵琶湖疎水の取り入れ口で、広い湖から細い水路に水が流れこんでいく。 琵琶湖疎水取り入れ口


疎水に沿って遊歩道を1キロほど歩くと、水路は地下に潜る。(水の流れをたどれば、この旅の起点近くに戻ることになる。)
潜っていく上は三井寺がある丘陵になる。
琵琶湖疎水 地下に潜る

* 三井寺には前に来たとき、境内図にフェノロサとビゲローの墓があるのが気になったが、時間がないので行き損ねた。今日は行ってみようかと思ったのだが、墓は境内ではなく、一度門を出た先にあるとのこと。そうまでして墓を見る気もなくて今日も諦めてしまった。
長等公園に降りて三橋節子美術館に入った。


■ 三橋節子美術館
大津市小関町1-1 tel. 077-523-5101

三橋節子(みつはし せつこ1939-1975)は、35歳で夫と子を残して亡くなった画家。
病いのため右腕を切断してから左手で描いた絵や、死を意識してから描いた絵も展示されている。
死の7時間前に書いたはがきには、
「くさまおくん おげんきですか(中略)ではさよなら△またきて□ バイバイ また病院にきてね」。
画家である夫が描いたデスマスクのスケッチには、
「ひさしく見なかったピンクの薄い口紅をつけて眠っている。おやすみ」という言葉が添えてある。

三橋節子美術館 小さい展示室だが、じわっと沁みてきて、かなりの時間を過ごした。

■ 叶匠寿庵 長等総本店
大津市長等2-4-2 tel.077-525-8111

叶匠寿庵 長等総本店 栗の和菓子で知られる店の本店が近くにあるので寄ってみた。
いあかめしく構えているのかと思ったら、住宅街に埋もれるように小さな店があった。ここでだけ売っているのや、いくつか目についたのをみやげに買った。

* 大津駅まで歩いて15分。そこから京都駅までは快速電車で10分ほど。
新幹線下の売店で「近江牛弁当」1000円と缶ビールを買った。
上りの新幹線に乗り、日暮れの比叡の山並みを左に眺めながら、久しぶりに動物性蛋白質をたっぷり含んだ食べごたえのある食事をした。


ページ先頭へ▲

参考:

  • 『街道をゆく 16』「叡山の諸道」 司馬遼太郎/著 須田剋太/画 朝日新聞社 1981
  • 「須田剋太『街道をゆく』挿絵原画全作品集」 木村重信/監修 (社)近畿建設協会 2000
  • 2泊3日の行程 (2012.10.23-25)
    (→電車 =バス …徒歩)
    第1日 京阪淀屋橋駅→出町柳駅→修学院駅…赤山神社…関西セミナーハウス・修学院きらら山荘泊
    第2日 …曼殊院…京都造形芸術大学瓜生山キャンパス…茶山駅→八瀬比叡山口(ケーブルカー・ロープウェイ)比叡山頂駅=横川=延暦寺会館泊
    第3日 …無動寺谷…ケーブル延暦寺駅→ケーブル坂本駅…慈眼堂…日吉大社…元三大師堂…I喜そば店…坂本生源寺…日吉そば…京阪電気鉄道石山線坂本駅→三井寺駅…琵琶湖岸…総本山三井寺…三橋節子美術館…叶匠寿庵長等総本店…東海道線大津駅→京都駅