最終更新日:2018年11月14日

 須田剋太の旅 目次 




□ 埼玉県立近代美術館MOMASコレクション 
(2018.11.7) new!

埼玉県立近代美術館に「阿部展也-あくなき越境者」展を見に行った。
常設展示室ではコレクションからテーマを設定した展示があり、「激動/変貌-1940-50年代の絵画」として須田剋太の作品があった。
・ 2018.10/20(土)-2019.1/6(日)
須田剋太『不協雑音』
須田剋太『不協雑音』1953
□ 熊谷市立図書館 大久保喜一展~没後70周年記念~ new!
埼玉県立近代美術館では、他館に貸出中の作品については写真と貸出先、展覧名を廊下の壁面に紹介している。
大久保喜一の『熊中正門』を貸し出してあったが、その行った先が熊谷での大久保展で、数日後、こちらも見に行った。
大久保喜は旧制熊谷中学で須田剋太に美術を教えた人。
僕はそれからずっとあとの新制熊谷高校に通ったが、その頃に図書館に大久保の『実験室』が架かっていたのも展示されていて、懐かしかった。
・2018.10/27(土)~12/2(日)


■ [桜の洛北、漱石の嵐山-「洛北諸道」と「嵯峨散歩」] 改訂しました。(2018.11.14)

須田剋太『水尾(A)』
須田剋太『水尾(A)』

水尾小学校付近


* 司馬遼太郎と須田剋太が旅をした『街道をゆく』をたどり、国内の街道を回り終えました。そのたびレポートを作ってきましたが、誤字脱字、今にして思えば的なことなどあり、少しずつ修正しています。あわせて体裁や表記も統一しています。(来年の夏くらいまでかかりそう.....)


01 北海道・東北
 ・ 「北海道の諸道」-開通まもない北海道新幹線に乗る
 ・ 絶景の美瑛と謎の国後島
 ・ 秋田の海べ-象潟から八郎潟-「秋田県散歩」1
 ・ 秋田の内陸へ-大館から鹿角-「秋田県散歩」2
 ・ 酒田の最上川、山形の千歳山-「羽州街道」1
 ・ 米沢から狐越街道を山形へ-「羽州街道」2 
 ・ 東日本大震災後の石巻と仙台-「仙台・石巻」1 (2011)
 ・ 東日本大震災後の三陸海岸南部(岩沼~大船渡)-「仙台・石巻」2(2013)
 ・ 東日本大震災3年目の福島-「白河・会津のみち」(2014)
 ・ 東日本大震災後の三陸海岸北部(八戸~釜石)-「陸奥のみち」 (2015)


02 関東・甲信越
 ・ 吹上小学校-郷里の木造校舎
 ・ 絵のさざ波-「大久保喜一・須田剋太師弟展」
 ・ 「赤坂散歩」-都電が走っていたころ
 ・ 「甲州街道」-武蔵野を歩く
 ・ 旧正月に中華街へ-「横浜散歩」
 ・ 若草丸の錨を追って野島崎灯台へ-「横浜散歩」つづき
 ・ 横須賀の聖ヨゼフ病院産婦人科と湘南病院精神科-立原道造/須田剋太
 ・ 日光でオランダの燈籠を見てグラバーの遺産を味わう-「肥前の諸街道」
 ・ 須田剋太のルーツへ-「信州佐久平みち」 
 ・ 新潟で「水のあと」と「人のあと」をたどる
 ・ はるかな佐渡
 ・ ふたたび佐渡へ

03 北陸・東海
 ・ 富山から「飛騨紀行」を行って「郡上・白川街道と越中諸道」を戻る
 ・ 敦賀から金沢 大きな周遊の旅

04 京阪神(京都 大阪 兵庫)
 ・ 桜の洛北、漱石の嵐山-「洛北諸道」と「嵯峨散歩」
 ・ 秋の日射しの庭-大徳寺Ⅰ
 ・ 西宮の墓苑で向日葵忌
 ・ 小さな寺と高い塔-「河内みち」
 ・ 新鮮熱そば-「堺・紀州街道」
 ・ 京で「嵯峨散歩」、港で「神戸散歩」
 ・ 大阪から奈良へ竹内峠を越え、京都でコンサートを聴く
 ・ なつかしい龍野から揖保川をくだって室津みなとへ
 ・ 淡路島の港のいちじろう
 ・ 緑の丹波篠山、青い瀬戸内海

05 近畿(滋賀 奈良 和歌山)
 ・ 比叡山越え~近江牛への長い道
 ・ 琵琶湖から南へ、北へ-「湖西のみち」 ほか
 ・ 春を迎える近江-「近江散歩」
 ・ 春の奈良めぐり-「奈良散歩」ほか
 ・ 紀伊半島で川めぐり-「十津川街道」と「熊野・古座街道」
 ・ 「大和丹生川(西吉野)街道」-挿絵の地をめぐる国内最後の旅
 ・ 桜と桃の紀ノ川-「高野山みち」と「紀ノ川流域」 ]

06 中国
 ・ 鳥取を東から西へ
 ・ 「芸備の道」としまなみ海道 +尾道市立美術館の須田剋太展
 ・ 初めてのおいしい山口-「長州路」1
 ・ いつか行きたかった萩・津和野へ-「長州路」2

07 四国
 ・ 幸運のえひめ
 ・ 坂の上の雲ミュージアム『街道をゆく』挿絵原画展 2016
 ・ 坂の上の雲ミュージアム『街道をゆく』挿絵原画展 2017
 ・ はじめの旅-「檮原街道」 
 ・ 台風と同行二人-「阿波紀行」

08 九州
 ・ 大分県を時計回りする
 ・ 佐賀・長崎のフクザツな海岸線をたどる-「肥前の諸街道」
 ・ 壱岐の博物館と対馬のレストラン
 ・ 日本最古の船着き場からその河口へ-「壱岐・対馬の道」2
 ・ 島原と天草のあかるい海
 ・ 肥後・球磨川へ-「肥薩のみち」1
 ・ 薩摩へ-「肥薩のみち」2
 ・ 丸木舟と宇宙船-「種子島みち」
 ・ 沖縄の西の果てまで(石垣島・竹富島・与那国島)

09 海外
 ・ 5月のパリ
 ・ 6月のロンドン

20 TOPICS (最新2件)/更新記録(最新2件)


TOPICS:
 ・ 「埼玉県立近代美術館MOMASコレクション」と「熊谷市立図書館 大久保喜一展~没後70周年記念~」 (2018.11.7) new!
 ・ 『須田剋太「街道をゆく」原画展』 (2018.9/20)
 ・ それ以前はこちら

更新記録:
 ・  [桜の洛北、漱石の嵐山-「洛北諸道」と「嵯峨散歩」] 改訂しました。(2018.11.14)
 ・  [西宮の墓園で向日葵忌] [小さな寺と高い塔-「河内みち」] [新鮮熱そば-「堺・紀州街道」]  改訂しました。(201811.1)
  ・ それ以前はこちら

.
30 新聞・専門誌など

・ 埼玉新聞 2014.6.23「須田剋太が描いた肖像画
・ 佐渡郷土文化 136号 2014.10月
   「須田剋太をめぐって、船戸安之の水替無宿の詩について」(PDF 2M)
・ 熊谷高校百二十周年誌 2015「大先輩の須田剋太をめぐって、国語の船戸安之先生や、「坊っちゃん」の夏目漱石のこと」(PDF 4M)
・ 日本経済新聞 2015.11.18「「街道をゆく」挿絵の謎追う


「街道をゆく」で須田剋太が描いた地をたどると、しばしば謎解きを迫られます。時間の経過で風景が変わっていたり、画家が、見たとおりとは違う描き方をしていたり。
そんな楽しみのことを記した文章が日本経済新聞に掲載されました。
(画像をクリックすると拡大します)

日本経済新聞 2015.11.18

・ 日本経済新聞 2016.6.5『美の美 司馬遼太郎-異端へのまなざし』(中沢義則/文)


40 リンク


50 さくいん

・ [須田剋太の旅] →『街道をゆく』対照表
・ 『街道をゆく』→ [須田剋太の旅]対照表
● 『街道をゆく』の全作品を、以下のサイトからたどっていくと見ることができます。
江之子島文化芸術創造センター 
 →大阪府20世紀美術コレクション
 →インターネット美術館
 →須田剋太挿絵原画展
● 『須田剋太「街道をゆく」挿絵原画全作品集』 木村重信/監修 (社)近畿建設協会 2000
こちらは全作品が掲載された紙の本ですが、絶版で、古書店でもなかなかありません。
・ おいしい店/宿・ホテル
・ 河口ビューイング/災害/(現代)建築
・ 図書館/美術館・博物館自転車で走った街
・ 桃源郷(こんなところが現代にまだあった...)


60 須田剋太研究会